クレジットカードを現金化する前に知っておきたい事

クレジットカードを現金できる?

買取方式の仕組み

昔からある方法で、どちらかといえば多い方法がこのやり方です。

仕組みはわかりやすく、簡単なものです。
流れはしては、まず業者が指定する品物をクレジットカードで購入します。
そしてその品物をまた業者に買い取ってもらいます。
業者に買い取ってもらう際には現金での買取りになるため、クレジットカードの枠が現金になる、という訳です。
もちろん、自分が買った時の値段よりも業者で買い取るときの値段の方が安くなるため、自分のほうがお金を多く支払うことになります。

店舗型の場合はその場でやり取りを行いますが、インターネットでのやり取りの場合は品物が郵送され、それを返却するという方法になります。
最近は店舗型よりもインターネットでのやり取りのほうが、その手軽さから増えてきています。

買取方式のメリットデメリット

・メリット
仕組みがわかりやすく、理解しやすい。
店舗型であれば時間がかからず、対面してやり取りができるため、安心感がある。

クレジットカードで買った品物を現金で売る、という簡単な仕組みの為、わかりやすい取引をすることができます。
また、お金が絡んでくる取引の為、実際に顔が見えないと、という人には実店舗型をお勧めします。

・デメリット
インターネット型の店舗の場合、郵送でのやり取りを行うのに時間がかかる。
また顔が見えないやり取りの場合は信用しても大丈夫か不安がある。

一方で、インターネット型であれば取引完了まで時間がかかるというデメリットがあります。
クレジットカードを現金にしたいという状況は、時間に余裕がないことが多い為、場合によっては大きなデメリットとなります。


TOPへ戻る