クレジットカードを現金化する前に知っておきたい事

キャッシュバック方式の仕組み

キャッシュバック方式の仕組み

キャッシュバック方式とは、商品にキャッシュバックとして現金を付けて売ることで、クレジットカードを現金化する方法です。
携帯会社などで、今なら2万円キャッシュバック、などという謳い文句を聞くことがありますが、仕組みとしてはそれと同じことです。
さらに現金化に特化したものになりますので、品物自体はほとんど価値のないものを利用していることが多いです。

例えば100円程度の価値の品物を50,000円で購入します。
その際、40,000円のキャッシュバックを受けることができれば、クレジットカードで50,000円を使用することにより、現金40,000円が手に入る、という仕組みです。

この方式は実店舗が少なく、インターネットでのやり取りが主流になっているのも特徴の一つです。

キャッシュバック方式のメリットデメリット

では、キャッシュバック方式のメリットやデメリットはどのようなものなのでしょうか。

・メリット
インターネットでのやり取りであっても時間がかからない。
品物を受け取ったり送り返したりなどの面倒がない。

インターネットを利用する場合でも、平日などであれば10分で取引が完了する場合があるなど、スピードに関してメリットがあります。
また、捜査に関してもネットショッピングのような要領で簡単に完了するものも多くなっています。

・デメリット
悪徳業者が比較的多い。

一方で、いわゆる悪徳業者といわれるものが存在します。
そしてこの方式のほうが詐欺を働きやすいため、数も多くなっている現状があります。
悪徳業者については詳しく次の項目で見ていきましょう。


TOPへ戻る